IMG_5866

ナショナル・ジオグラフィックで見た


1941年12月7日、日本は真珠湾を奇襲しアメリカ太平洋艦隊に大きな打撃を与え、第二次世界大戦の口火を切った。テクノロジー専門家ピートと軍事史家マーティーが、戦闘の行われたオアフ島一帯で、破壊され海に沈む軍用機や爆撃を受けた基地、沈没した戦艦アリゾナなどを、最新のスキャン技術で探査し、AR技術を用いて3Dモデルとして再現する。アメリカが被った知られざる傷跡が明らかになる。